浜松でファイナンシャルプランナーに相談するなら、生活する上でのリスクへの対応や住宅ローン、資産運用、相続対策、ライフプラン(キャッシュフロー表)の作成など、家計相談の総合窓口として一貫したサービスをご提供するふくろいFP-SERVICEへ。

〒437-0125 静岡県袋井市上山梨3-7-1                                       

営業時間

9:00〜21:00
(定休日:不定休)

お気軽にお問合せください

0538-49-2134

 コロナショックから株価は回復? 日経平均とNYダウ

2020年、新型コロナウイルスによる世界的な感染拡大により、中国、ヨーロッパ、アメリカを中心に都市封鎖が実施され、各国で海外渡航が禁止され、人の移動が制限され、経済活動の停滞が始まりました。
このため、世界の株式市場は激動し、1月下旬から下がり始め、2月、3月と大幅な株価ダウンとなりました。

一方、2008年には世界はリーマンショックを経験し、世界各国の金融緩和と財政出動により何年もかけて、ショック前の株価に復活しました。

今回のコロナショックは果たしてどの程度谷が深く、そこから復活するのにどのくらいの期間が必要なのか、リーマンショク後の株価の動きを参考にしつつ、対比してみようと、グラフ化しました。

 2008年8月末を100
◆リーマンショク  日経平均   NYダウ    為替
"底":5ケ月後    58     61     90(為替"底"は3年後:70)
元値復活まで   4年8か月  2年4か月
 30ケ月後     81    106     75

 2019年12月末を100
★コロナショック  日経平均   NYダウ    為替
 "底":3ケ月後   80     77     99 
 元値復活まで   11か月   11か月
 30ケ月後    112    108    125

新型コロナ出現前の2019年12月末を100としたとき、30か月後の2022年5月は、日経平均は112、ニューヨークダウは108。
2019年末から2020年3月迄の3か月間の下落幅-4,739円に対し、
2020年4月~2022年6月迄の25か月で+7,476円と、
日経平均はコロナ前の2019年末株価を11か月で越え、1990年8月以来の高値まで戻りました。

コロナショックはリーマンショックよりも経済的には打撃が大きいとされ、コロナ前の経済状態に戻るまで2年かかるとも言われていました。
感染第3波の状況は第1波2波よりも感染者が多く、変異株が中心となった第4波により、再度経済活動の制限も発動されました。そして更に感染力が強い変異株により、第5波による感染がありました。日本は2021年9月以降急速に感染者数は減少しましたが、
2022年に入りオミクロン株の爆発的感染拡大によりまん延防止措置が発令され、経済活動が制限されました。
3月21日に措置は解除され経済活動は戻ってきていますが、コロナ感染者数は減少ペースは緩やかで、6月中旬以降はまた感染者数が増加。

金融緩和マネーの株式市場への流入の上に、各国でのコロナワクチン接種拡大で経済活動が活発となり、一部企業では過去最高益も発表され、株価上昇につながりましたが、2022年3月以降はアメリカの物価高騰対策としてFRBが利上げを開始し、日米ともに株価は下落基調。
30か月目は、アメリカの株価の方が下落がきつくなっています。

2020年3月のコロナショックから27ヶ月経ちました。
2021年のニューヨークダウは過去最高値を更新継続。FRBが3月17日に2023年末まで0金利政策の維持を発表し、3月18日には初の33,000ドル台を付けたのも束の間、その後も上昇を続け12月に36,000ドル台を付けました。
日経平均は2021年2月以降一時的に30,000円台を回復することはあっても、感染再拡大とコロナワクチン接種の遅延により、29,000円前後を停滞し、7月に入り第5波の爆発的感染により、27,000円台へ下げ、8月末に28,000円台に回復。

そして9月は菅総理退陣表明による新政権への期待とコロナ感染者の急減により、バブル崩壊後の最高値30,670円を付けましたが、10月は新総理の政策見極め、円安進展による輸入物価高騰で企業収益悪化懸念等により下落29,000円台を挟む動きとなり、年末は28000円台後半で終了。

しかし2022年1月は、アメリカの物価急騰に伴う利上げ拡大予想と長期金利上昇、オミクロン株感染拡大に、2月にはロシアのウクライナ侵攻より、25,000円台まで一時下落。
3月は円安進展とロシアとウクライナの停戦交渉により28,000円台を一時付けました。
しかし、4月はアメリカの利上げ拡大、ウクライナ侵攻の混迷、中国上海等のロックダウンによる経済活動停滞により26,000円台に下落。
5月も世界的な物価高による景気悪化懸念もあり26,000円台を推移しましたが、月末に上海ロックダウン解除、外国人入国者数拡大の情報により27,000円台回復。
しかし6月はアメリカの物価高騰による利上げ拡大により景気減速懸念が拡がり、26000円台へ。

お問合せはこちら

ホームページをご覧いただきまして、誠にありがとうございます。
当事務所では、各種ご相談・お問合せを承っております。
どうぞお気軽にお問合せください。

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せはこちら

0538-49-2134

FAX:0538-49-2134
営業時間:9:00~21:00(定休日:不定休)

お問合せはこちら

鈴木写真.JPG

お電話でのお問合せ

0538-49-2134

営業時間:9:00〜21:00
(定休日:不定休)

当事務所では、各種ご相談・お問合せを承っております。
どうぞお気軽にお問合せください。
代表 鈴木 聡

(略歴)
1960年生まれ
・FP資格を2000年に取得
・2007年に事務所設立
・お客様の気持ちに寄り添って、人生の夢の実現や家計の課題のアドバイスをしております。​

メディアへの出演、掲載

ラジオへの出演

FMラジオ「K-mix」番組「みんなの課外授業」 の水曜日の回に、2013年4月~6月毎週出演。

雑誌、新聞等への掲載

ファイナンシャルプランナーの立場で、様々な雑誌や新聞で執筆、監修。

事務所概要

業務エリア

浜松、磐田、袋井、掛川、
菊川、御前崎、島田、藤枝、
焼津 他

0538-49-2134

0538-49-2134

fukuroi-fps@office.tnc.ne.jp

事務所紹介はこちら